copula 最後の日

    2016年10月25日、今日は「beatmania IIDX 23 copula」最後の日です。

    なんか、少し寂しくなってしまって。今までゲーセンのゲームがバージョンアップとかする時は、「へぇー、やったー」ぐらいの気持ちでしかなかったんです。でも、いざコピュラではなくなってしまうとなると、何か思うものがあります。

    dsc_0126
    自分が弐寺を始めたのは、それこそ「PENDUAL 最後の日」でした。去年の11月10日。その日がすべての始まりでした。自分がこんなにやり込んでいくとは、まだ夢にも思っていませんでした。

    生まれて初めて遊んだ曲は、ほっしーの「恋は包帯、サンシロー」でした。その時の記憶は結構鮮明に覚えています。1人でやるのが怖かったので、友達誘って2人でやりました。まず、曲をどうやって選べばいいかすらわかんなかったし、ボタンもどこ触っていいかチンプンカンプンでしたww

    コピュラから徐々に手を出すようになって、プレー回数100回越えにして初めて段位認定に挑戦します。個人的に、ここまで来て級は甘えだろ!っていうの(つまり偏見)があって、初段からいざ挑戦!でも4曲目のNAOKIに振り落とされてしまいます…

    そして翌日、改めて初段を受けてみると…

    dsc_0183奇跡的に合格できたんですよ!w ここから、段位認定との戦いも始まりました。

    img_1458このころ、PS2のCS HAPPY SKYとそのサントラも中古で手に入れたらしいです。買った当時はコントローラがなかったので、まともに遊べなかったんですけどねw このソフトにはいろんな曲を教えてもらって、とても遊ぶ曲の幅も広がったと思います。

    そして、4月dsc_0121順々に段位をクリアして、五段に辿り着きます。満のニュージェネでめっちゃ削られてるのが見えますねw 春は初めて相互ライバルができたり、いろんな事がありました。まぁでもあんま覚えてないや…

    夏近くになって、初めて弐寺の相互ライバルだった方とリアルで会うという機会がありました。

    1470831721048

    最初は名古屋のコスタ・デル・ソルで、今は老朽化の為閉店となってしまったそうですが、当時は地域最大の6台が稼働していました。名古屋で6台は恐ろしいですねw

    お会いした方も1P側で、自分も1P側なので交代し合いながらロカマチやってました。普段やらない側で出来るっていうのもある意味ロカマチの楽しみ方の一つかもしれません。

    その時は完全に意識低い系五段だったので、「とりあえずアシストクリアすればいいやろー」とか思ってました。今の自分から見たら相当なゴミですw 向上心もクソもないし、何を目的にやってるのかほんとに分かんない。もちろん今は違いますけど。

    そしてその後東京に遊びに行ったときに別の方と会ってきました。その方もリゾアン最後の日から始めたらしくて、僕から見るとかなり先輩ですね。

    遠征先で六段受けるとかいう慣れとか環境とか全く意識せずにやった結果…

    DSC_0020

    合格できたんですねwwクリアレートから見れば、なんかアポカリが苦手そうに見えますが、前作六段で一番苦手だったのはノーティだったんですよね。皿が全く取れなくてかなり絶望してたんですけど、なんか運良く受かりましたw

    9月の休みが終わるまでは毎日のようにゲーセンに行っては弐寺してました。ほんと堕ちていくんじゃないかってぐらい。勉強が完全に疎かになってましたけど、なんとか今まで生きてます。

    この頃からスコアとかランプに関する意識も少しずつ変わり始めます。ライバルのスコアをあまりにも意識しずぎて…と言うのは別にいいとは思うんですけど、関係性って大事で、楽しみ方の一つとしてありなのはありなんですけど、バチバチできる相手なのか、そうでないのかとかよく考えたほうがいいですね。当たり前かもしれませんが…

    そして10月後半。いよいよCopula終了と言うところで何故かスコア力がぐんぐん上がってましたwdsc_0194そして七段もなぜかユーバートレッフェン抜けて、始めてサファリとご対面。何で最後の日に抜けたんだろう…

    dsc_0195

    という感じで今作終了。プレー回数は600回近くで終わりました。

    はぁ…あっという間でしたね。ですがcopulaで始めてここまで来れたのは結構良かったのではないかと思ってます。しのばずでは八段を目指すと言ってはいたものの、まだ全然ですね。とりあえず、お疲れ様でした!

    似たカテゴリーの投稿

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。